Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民の個人情報含む文書を庁舎内で紛失 - 大田区

大田区は、住民の個人情報や法人の情報が記載された文書15件を、郵送の準備時に紛失したと発表した。

所在が不明となっているのは、同区の高齢事業課と高齢福祉課が郵送のために準備していた封書27通。7通に個人情報、8通に法人情報が記載されていた。4月2日に庁舎内で紛失したとみられている。

4月16日に紛失が判明。庁舎内を捜索したが発見できなかったため、同区では、紛失した文書を再作成して送付、関係者への説明と謝罪を行っている。また、紛失の経緯や原因について引き続き調査を実施する。

(Security NEXT - 2008/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
仙台市、借金相手に同僚の個人情報伝えた職員を処分 - 怪文書約2500枚届く
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
ひとり暮らし高齢者の調査票や住基台帳抜粋資料を紛失 - 生駒市
不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県