Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規サイトでも危険、1万以上のサイトにXSSの脆弱性 - シマンテック

シマンテックは、インターネット上を監視し、収集したデータをもとに作成した「インターネットセキュリティ脅威レポート」を公開した。

同レポートによると、2007年に検出された脅威は71万1912件で、2006年の12万5243件から約5.7倍と大きく跳ね上がった。不正コードの累計は112万2311件だという。また一般向けにリリースされたアプリケーション5万4609件のうち、65%が悪意あるソフトだった。正規アプリケーションの数を不正アプリケーションが上回ったのは、今回の調査がはじめて。

攻撃の傾向としては、ネットワーク経由の攻撃からウェブサイトの改ざんへ手口が移行している。従来は、悪意あるサイトや不審なメールの添付ファイルを閲覧しなければ、リスクを押さえることが可能だったが、正規サイトが改ざんされているだけに、被害を完全に避けるのは難しくなっている。

さらにサイト運営者による脆弱性への対応の甘さを指摘。同社では2007年下半期に、クロスサイトスクリプティングの脆弱性について、1万1253件の報告を受けており、前年の6961件から大幅に増加した。しかしながら、サイト管理者がウェブサイトに修正プログラムを適用したケースは、473件と全体の約4%と低い数値を示している。

またフィッシング詐欺サイトをホストするサーバは、8万7963台を確認しており、前期と比べ167%増加した。サーバ内部の情報を取得するより、フィッシングをはじめ、エンドユーザーの機密情報を狙った攻撃が目立っており、悪意のある脅威の68%を占めた。

ブラックマーケットにおいて、もっとも活発に流通しているのが銀行口座で、全体の22%を占めており、1件あたり10ドルで取引されている。クレジットカード情報が全体の13%で、1件あたり0.40ドルとさらに安価だった。

(Security NEXT - 2008/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分