Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府装い、日本企業を攻撃するウイルスメール - Symantecが警告

日本政府を偽装したスパムメールが発生しているとして、Symantecが注意を呼びかけている。

同社が複数の顧客から報告を受けたもので、日本政府を装ったスパムは、日本企業を狙ったものと見られ、添付されたzipファイルを開かせようとするという。問題のzipファイルには、実在するか不明である関係者リストのExcelファイルと、トロイの木馬「Backdoor.Darkmoon」の亜種が実行ファイルとして含まれている。

ファイルを開き、誤って感染した場合は、外部の攻撃者へ情報が漏洩したり、バックドアを設置されるなど被害を受けるため、同社では、不審な添付ファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再度「Emotet」の感染被害が判明、4月以降4人 - 室蘭工業大
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
防災システムへの不正アクセス、スパム約31万件が送信される - 新潟県
「WordPress」関連事故の背景に知識や予算の不足
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社