Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府装い、日本企業を攻撃するウイルスメール - Symantecが警告

日本政府を偽装したスパムメールが発生しているとして、Symantecが注意を呼びかけている。

同社が複数の顧客から報告を受けたもので、日本政府を装ったスパムは、日本企業を狙ったものと見られ、添付されたzipファイルを開かせようとするという。問題のzipファイルには、実在するか不明である関係者リストのExcelファイルと、トロイの木馬「Backdoor.Darkmoon」の亜種が実行ファイルとして含まれている。

ファイルを開き、誤って感染した場合は、外部の攻撃者へ情報が漏洩したり、バックドアを設置されるなど被害を受けるため、同社では、不審な添付ファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大
研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「SpamAssassin」に脆弱性 - 悪意ある設定ファイルでコード実行のおそれ
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応