Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人ユーザーの3割はセキュリティ対策「出資ゼロ」 - NTTアド調査

セキュリティ対策の重要性に対する認識は高まっているものの、実施状況と大きなギャップが生まれていることがNTTアドの調査により判明した。

同社が3月はじめに、20代から40代までの首都圏に在住する個人ユーザーを対象に、インターネットセキュリティに関する調査をインターネット上で実施したもの。有効回答者数は309人。

調査結果によれば、インターネット上のセキュリティ対策について、「不審メールを開封しない」「不審メールへの返信や添付ファイルの開封、URLへのアクセスしない」「不審なソフトをダウンのロードしない」「ウイルス対策ソフトを利用する」などいずれも8割以上が認知していると回答した。

しかしながら、実際に8割以上が実行しているのは「不審メールを開封しない」「不審メールへの返信や添付ファイルの開封、URLへのアクセス」のみ。特にウイルス対策ソフトの利用に至っては、62.1%にとどまり、認知と実行に20ポイントの乖離が見られた。

「不審ソフトをダウンロードしない」ことについても、82.8%が認知しているにもかかわらず、実行しているのは65.7%。Winnyをはじめとする「ファイル共有ソフトを私用しない」ことについても74.4%が認知しているが、実行となると59.2%と大きく低下する。

過去1年の出資額の平均は3153円。しかしながら、ゼロとの回答も29.8%に上った。今後の出資についても25.2%がゼロと回答しており、平均価格も2740円と低下しており、財布のひもは堅い。

ウイルス被害にあったユーザーは52.4%。影響としては、「迷惑メールの標的になった」との回答が半数で、パソコンの不調が35.2%、不正な広告の表示が26.5%と続いた。

ウイルス感染により感じる「脅威」としてもパソコンの不調が79%でトップ。僅差で個人情報の詐取(78%)、データのネット流出(77.7%)、データの破壊(77.3%)が続いた。脅威を感じるものはないとした回答はわずか2.9%だという。

(Security NEXT - 2008/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
1割弱が無許可で自宅業務 - 4人に1人が顧客情報持出
テレワークから業務環境へのアクセス、半数近くが「VPN」
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に