Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフトの漏洩対策技術公募で2社を採択 - 情報処理推進機構

情報処理推進機構(IPA)は、2007年12月にWinnyをはじめとするファイル共有ソフト経由の情報漏洩の対策技術について公募を実施し、1月29日に採択企業を公表した。

情報漏洩事故が多発し、社会問題へ発展していることから、被害を低減する抜本的な技術について公募を実施したもの。募集期間だった12月14日から27日までの約2週間に10件の応募が寄せられたが、テクノクラフトとフォティーンフォティ技術研究所の2社が採択となった。

(Security NEXT - 2008/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア