Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフトの漏洩対策技術公募で2社を採択 - 情報処理推進機構

情報処理推進機構(IPA)は、2007年12月にWinnyをはじめとするファイル共有ソフト経由の情報漏洩の対策技術について公募を実施し、1月29日に採択企業を公表した。

情報漏洩事故が多発し、社会問題へ発展していることから、被害を低減する抜本的な技術について公募を実施したもの。募集期間だった12月14日から27日までの約2週間に10件の応募が寄せられたが、テクノクラフトとフォティーンフォティ技術研究所の2社が採択となった。

(Security NEXT - 2008/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
音楽配信サービス「Spotify」のフィッシング攻撃が発生中
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
不正アクセスで会員情報が流出、ダークウェブに - 群馬県民会館
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
マラソン大会参加者への連絡でメアド流出 - 寒河江市