Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話のフィルタリングは原則利用 - 不要時は保護者に意思確認

総務省は、携帯電話事業者に対し、子ども向けフィルタリングサービスの普及促進を要請した。電気通信事業者協会や主要4社は今回の要請を受け、取り組みの強化を推進する。

総務省が要請したのは、18歳未満の新規契約者や既存契約者に対して原則フィルタリングサービスを適用し、利用しない場合は保護者の意思確認を求めるもので、使用者が18歳未満の場合についても、契約者に対して確認を実施する。またフィルタリングサービスの利用者数を定期的に公表することなども求めた。

携帯電話事業やPHS事業を展開するNTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコムの4社では、従来より「有害サイトアクセス制限サービス」を無料で提供しているが、今回の要請を受け、フィルタリングの設定推進や販売店への啓発活動など取り組みを強化する。

(Security NEXT - 2007/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC