Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

違法コピー防止を医療機関に呼びかけ - ACCS

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、全国約9000の医療機関に対し、機関内でソフトウェア管理を実施するよう呼びかけるダイレクトメールを送付した。

今回の注意喚起は、企業や団体におけるソフトウェアの違法コピー対策の一環として実施されたもの。同協会では、個人情報保護や情報管理だけでなく、ソフトウェアの不正使用防止についても厚生労働省のガイドラインにより定められているとして、ソフトウェアの適正管理を訴えている。

またメールには、ソフトウェア管理手順に関する説明文のほか、ソフトウェア管理のためのガイドブック「ソフトウェア自主調査ガイド」を同封した。同協会では、ソフトウェア管理は社会的信用の向上だけでなく、ソフトの購入費削減やシステムの安定といったメリットもあるとして、実施を呼びかけている。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
「ドコモ口座」の不正チャージ被害、ひとまず補償を完了
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市