Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネットバンキング被害額が前四半期の3倍強に

インターネットバンキングによる被害額が急激に増加したことが全国銀行協会の調べでわかった。

同協会では、会員を対象に通帳やカードの盗難、偽造のほか、インターネットバンキングについて被害状況を四半期ごとに調査を実施しており、今回判明したもの。

盗難通帳における被害は、2006年第1四半期ごろから落ち着きを見せ、2007年第1四半期は46件、被害額も3900万円だったが、今四半期は53件と2005年第4四半期以来ふたたび50件を突破。また被害額も8300万円と2倍以上に増加した。

架空請求や振り込め詐欺などに利用され、利用停止や強制解約となった口座は、1万367件で前月より1000件弱の増加するなど、対策が進んでいる。

しかし一方で、直接インターネット上の口座へ不正にアクセスするケースもあとを絶たない。今回の調査で特に目立った動きを見せたのがインターネットバンキングにおける不正引き出しで、今四半期は、前四半期の30件から41件に急増。被害額ベースで見ると1800万円から5800万円と3倍以上に跳ね上がった。

(Security NEXT - 2007/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令