Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターネットバンキング被害額が前四半期の3倍強に

インターネットバンキングによる被害額が急激に増加したことが全国銀行協会の調べでわかった。

同協会では、会員を対象に通帳やカードの盗難、偽造のほか、インターネットバンキングについて被害状況を四半期ごとに調査を実施しており、今回判明したもの。

盗難通帳における被害は、2006年第1四半期ごろから落ち着きを見せ、2007年第1四半期は46件、被害額も3900万円だったが、今四半期は53件と2005年第4四半期以来ふたたび50件を突破。また被害額も8300万円と2倍以上に増加した。

架空請求や振り込め詐欺などに利用され、利用停止や強制解約となった口座は、1万367件で前月より1000件弱の増加するなど、対策が進んでいる。

しかし一方で、直接インターネット上の口座へ不正にアクセスするケースもあとを絶たない。今回の調査で特に目立った動きを見せたのがインターネットバンキングにおける不正引き出しで、今四半期は、前四半期の30件から41件に急増。被害額ベースで見ると1800万円から5800万円と3倍以上に跳ね上がった。

(Security NEXT - 2007/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Joshin web」のフィッシングサイトに注意 - 「3Dセキュア」も要求
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
10月のDDoS攻撃、前月から減少 - IIJまとめ
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
不正ファイルでDBアクセス可能に - グラントマトが追加報告
メール誤送信でボランティア参加者のメアド流出 - 富山県
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中