Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ経由で感染するトロイの木馬に注意 - マカフィーレポート

マカフィーは、4月に同社データセンターで検知したウイルスの状況を発表した、

ウイルスでは、トロイの木馬が蔓延しており、トップ10の過半数を占めたという。検出したマシン数でトップを記録した「JS/Exploit-BO.gen」はバッファオーバーフロー攻撃を行うトロイの木馬で、ウェブページ経由の感染が目立っており、脆弱性を攻撃する別のトロイの木馬「Exploit-ANIFile.c」を感染させるために利用されるケースも報告されている。

一方、PUPでは、アドウェアの「MWS」が3月から大きく増加し、2位とへランクアップした。フリーソフトのダウンロード時にインストールされることが多いことから、同社では契約時の同意確認やファイアウォールによる通信の遮断など、対策を取るよう呼びかけている。

同社が発表した検知マシン数のトップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:JS/Exploit-BO.gen
2位:VBS/Psyme
3位:Exploit-ANIfile.c
4位:X97M/Laroux.a.gen
5位:Exploit-MS06-014
6位:New Malware.br
7位:W32/Stration.dr
8位:JS/Downloader-AUD
9位:Exploit-WMF
10位:W32/Netsky.p@MM

不審なプログラム(PUP)

1位:MySearch
2位:MWS
3位:Winfixer
4位:Adware-GAIN
5位:DriveCleaner
6位:Generic PUP.e
7位:RemAdm-TightVNC
8位:Exploit-MIME.gen.c
9位:Adware-GAIN.lnk
10位:Adware-BJCFD

(Security NEXT - 2007/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ