Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生年月日を設定するだけの簡単ウェブフィルタリングソフト - トリスター

トリスターは、インターネット上の有害サイトへのアクセスを遮断するフィルタリングソフト「万能Webフィルター」を4月27日より発売する。価格は4980円で、優待版や複数ユーザーパックも用意されている。

同製品は、IEのツールバーとして動作するウェブフィルタリングソフト。約6000万件のURLが分類されたネットスターのデータベースを採用。アダルト、出会い系、自殺支援サイト、フィッシングサイトなど、有害サイトへのアクセスを遮断して閲覧を制限する。データベースは、専門スタッフの目視調査により、データベースは毎日更新される。

利用者の生まれた年と月でフィルタリングレベルが自動設定できるほか、利用者ごとの細かい設定も可能。閲覧させたいサイト、規制したいサイトの個別登録や、利用時間の制限、指定メールアドレスへのアクセスログ自動送信機能なども備えている。

万能Webフィルター

(Security NEXT - 2007/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック