Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、4月の月例パッチ「緊急」含む5件 - 事前告知の内容充実は延期に

マイクロソフトは、4月の月例パッチ予告を行った。リリースは11日の予定。

リリースが予定されているのは、Windowsに影響を及ぼす深刻度「緊急」を含む4件。およびContent Management Serverに関する深刻度「緊急」の1件。計5件の公開を予定している。

また、セキュリティ以外の優先度の高い更新プログラムとして、Windows UpdateおよびSoftware Update Services上で2件、Microsoft UpdateおよびWindows Server Update Services上で4件の更新プログラムを公開する予定。

同社では、今月の事前予告から、従来より多くの情報を提供する予定だったが、今回は見送りとなった。今後、各国のユーザーの反応をみながら、変更時期の再調整する。新しい変更実施日については、改めてサイト上で告知するとしている。

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/advance.mspx

マクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック