Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

泉州銀行の顧客情報1万2835件がWinny経由で流出

泉州銀行の顧客情報が、Winny経由でインターネット上へ流出していたことが2月19日にわかった。

同行行員宅の私用パソコンに保存されていた顧客情報1万2835件の流出が明らかになったもの。問題となったパソコンには個人や法人合わせて、取引内容など3万8000件の顧客情報が保存されていたが、ウイルス感染により、一部がインストールされていたWinnyを通じて流出したと見られている。

同行では、外部に保存されたパソコン上の業務データについて消去するよう指導していたが、守られていなかった。同行では、関連する顧客へ謝罪状を送付するなど個別に対応するという。

(Security NEXT - 2007/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出