Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仙台市、消防署職員のPCから火災関連情報が流出 - P2Pソフト経由で

仙台市は、消防署職員の私用パソコンから、個人情報26件を含む火災関連情報ファイルが、ファイル交換ソフトを介してネット上に流出したと発表した。

流出したのは、若林消防署の職員が2004年ごろに作成した業務用ファイル。火災原因判定書、簡易火災原因判定書、損害調査書など60ファイルで、氏名、住所、電話番号、生年月日などの個人情報26件や法人情報7件なども含まれる。

2月13日に流出を指摘するメールが同市に送られたことで判明。同市が調べたところ、流出したファイルは職員所有の私用パソコンの外付けハードディスクに保存されたままとなっており、ウイルス感染により流出したと見られている。同市では該当する個人や法人に謝罪するという。

(Security NEXT - 2007/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト