Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

朝日新聞が読売新聞のインターネット上の記事を盗用

朝日新聞の一部記事が、読売新聞のウェブサイト上に掲載された記事を盗用したものであることがわかった。

今回問題となった記事は、朝日新聞が30日に配信した一部記事。読売新聞のホームページに1月27日に掲載された記事を、読売新聞カメラマンが盗用していたという。同カメラマンが作成した記事の文面は、元記事から一部単語の並びを変えたり、表現を省略したものだった。

朝日新聞では社内調査を実施、同カメラマンが記事の盗用を認めたため、読売新聞に謝罪した。同社ではさらに調査を実施し、処分を行うとしている。

朝日新聞
http://www.asahi.com/

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/

(Security NEXT - 2007/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

最新技術が詰まった「ShowNet」を解説するオンラインイベント
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市