Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

多重感染で駆除困難の可能性もある「FUJACKS」に注意 - トレンドマイクロレポート

トレンドマイクロは、2006年12月のウイルス感染被害レポートを発表した。ファイル感染型ウイルスやルートキットの感染報告が増加傾向にあるという。

同レポートによれば、12月の被害報告数は7764件で、11月の7477件から増加した。2006年の後半に多大な感染被害をもたらしたマスメール型ワーム「STRATION」は減少傾向にあるが、依然として3位にランクインしている。

また12月には、ファイル感染型ウイルスに関する報告が増加した。特に年末に報告された「FUJACKS」は、感染するとセキュリティソフトを強制終了させるとともに、ほかの不正プログラムをダウンロードするなど多重感染の危険があり、駆除が難しいという。

同ウイルスは悪意あるサイトからの手動ダウンロードや、ほかのウイルスによる作成、ネットワーク共有フォルダを介した感染などでコンピュータ内に侵入するなど感染ルートも多彩。トップテンの圏外だが、同社では感染被害の傾向が今後も続くと予想しており、同社では注意を発している。

2006年12月度の感染被害トップテンは以下の通り。

1位:BKDR_AGENT
2位:TROJ_ROOTKIT
3位:WORM_STRATION
4位:WORM_SDBOT
5位:TROJ_SMALL
6位:TROJ_DLOADER
6位:WORM_RBOT
8位:ADW_SHOPNAV
9位:PE_BOBAX
10位:JAVA_BYTEVER

(Security NEXT - 2007/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加