Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大分銀行、P2Pソフトによる顧客情報流出や紛失事故を公表

大分銀行は、ファイル交換ソフトを介した顧客情報52件の流出事故と顧客情報73件の所在不明を公表した。

流出事故は、7月29日ごろに発生したとみられ、顧客の氏名、預金残高、年齢などを含む手数料見込先11件分と、顧客の氏名、ローン種類などを含むローン管理表41件分など、合わせて52件が流出した。

同行行員が無断で持ち出し、自宅のパソコンに保存していたため、ウイルス感染をきっかけにデータがネット上へ流出したという。

また顧客情報の保存状況の点検を実施した結果、顧客の氏名、住所、電話番号などが記載された業務資料73件の紛失が判明。同行では、誤って廃棄処分にした可能性が高いとしている。

いずれも、該当する顧客に対してすでに経緯説明と謝罪をした。今後は年に2回、顧客情報の持ち出しや取扱いに関する点検を実施して管理体制を強化するなど、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック