Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の簡易保険関連書類を紛失 - 日本郵政公社近畿支社

日本郵政公社は、1604名分の顧客情報が記載された保険料払込団体に関する書類を近畿支社から峰山郵便局への送付中に紛失したことを明らかにした。

紛失した書類は「構成員確認用書類」、「所属員証明書」、「団体概要書」計29枚で、合わせて1604名分の氏名が記載されていた。そのうち3名は役職も含まれる。5月26日に同支社から発送したが、6月27日に紛失が判明。社内手続きに基づいた手順を怠っていたことが原因だという。

同支社では、払込団体の代表者を訪問して説明と謝罪をした。今後は正規の事務手続きを職員に徹底させ、顧客情報の適正管理に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市