Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の簡易保険関連書類を紛失 - 日本郵政公社近畿支社

日本郵政公社は、1604名分の顧客情報が記載された保険料払込団体に関する書類を近畿支社から峰山郵便局への送付中に紛失したことを明らかにした。

紛失した書類は「構成員確認用書類」、「所属員証明書」、「団体概要書」計29枚で、合わせて1604名分の氏名が記載されていた。そのうち3名は役職も含まれる。5月26日に同支社から発送したが、6月27日に紛失が判明。社内手続きに基づいた手順を怠っていたことが原因だという。

同支社では、払込団体の代表者を訪問して説明と謝罪をした。今後は正規の事務手続きを職員に徹底させ、顧客情報の適正管理に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性
「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意
小学校で児童の指導要録や転学届の紛失が判明 - 名古屋市
児童相談所などが支援児童の住所を秘匿対象者に漏洩 - 横浜市
「国民のためのサイバーセキュリティサイト」がリニューアル
「mixi」にPWリスト攻撃 - 2月から3月にかけて発生
バッファロー製ルータでボット感染が増加 - 脆弱なパスワード設定に起因か
先週注目された記事(2024年5月19日〜2024年5月25日)
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正