Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

近畿大学、山田オルタナティブ感染で学生情報が流出

近畿大学は、同大学施設のパソコンがウイルス「山田オルタナティブ」へ感染し、学生の個人情報が流出したことを明らかにした。

「山田オルタナティブ」は、PCに外部からアクセスを可能とするバックドアを作成、ハードディスクの内部などを閲覧できるようにするウイルス。

掲示板へ書き込みなども行う。今回の流出では、フィットネス施設「Keep」のパソコンが同ウイルスに感染したもので、氏名やメールアドレス24名分が流出した。

(Security NEXT - 2006/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性