Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3種類のウイルス検索エンジン併用を実現した「Webwasher V5.2」

バーテックスリンクは、米CyberGuardが開発した情報漏洩対策ソリューションの最新版、「Webwasher V5.2」を発売した。

同製品は、「URL Filter」「Anti Virus」「Content Protection」「SSL-Scanner」「Anti Spam」といったモジュールを搭載した漏洩対策ソリューション。「Anti Virus V5.2」では、同時に「McAfee」「Sophos」「CA e Trust」のアンチウイルスエンジンを併用が可能で、より高いウイルス検出を実現した。

また、プロアクティブスキャン機能を搭載。ウェブやメールなどをエミュレートし、例外的な動作をする悪質コードの検出が可能で、ウイルスによるゼロデイアタックやスパイウェア、アドウェアをゲートウェイで防ぐことができる。さらに、「URL Filter V5.2」では、スパイウェア、フィッシング、アドウェア、マリシャスモバイルコードなどに特化、URLのフィルタのデータベースについても58から64カテゴリに拡張した。

(Security NEXT - 2005/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ