Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1年間無料の中国産ウイルス対策ソフトが登場 - 更新料金も1000円以下

キングソフトは、中国で高いシェアを占めるセキュリティソフト「金山毒覇」を日本語へローカライズし、「キングソフトインターネットセキュリティ2006」として9月14日に発表した。同社ホームページにて公開が開始されている。

同社では、同ソフトを100万本に限り、1年間無償で提供するという。2年目以降の年間ライセンス料は980円と低価格を実現した。今回の戦略は、国内のコンシューマー向けセキュリティソフト市場への新規参入が難しいと判断し、初年度無料という戦略に踏み切ったという。また、低い更新ライセンス料金については、すでに中国において製品化していることにより実現できたという。

(Security NEXT - 2005/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし