Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1年間無料の中国産ウイルス対策ソフトが登場 - 更新料金も1000円以下

キングソフトは、中国で高いシェアを占めるセキュリティソフト「金山毒覇」を日本語へローカライズし、「キングソフトインターネットセキュリティ2006」として9月14日に発表した。同社ホームページにて公開が開始されている。

同社では、同ソフトを100万本に限り、1年間無償で提供するという。2年目以降の年間ライセンス料は980円と低価格を実現した。今回の戦略は、国内のコンシューマー向けセキュリティソフト市場への新規参入が難しいと判断し、初年度無料という戦略に踏み切ったという。また、低い更新ライセンス料金については、すでに中国において製品化していることにより実現できたという。

(Security NEXT - 2005/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件