Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、8月の届出状況を発表 - Windowsの脆弱性を悪用したワームが発生

情報処理推進機構(IPA)は、2005年8月のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を発表した。

同発表によれば、ウイルスの検出数は約337万個と、7月の約379万個から11.0%の減少となった。また、届出件数は4470件となり、7月の4536件から1.5%の減少となった。そのうち、「W32/Netsky」の検出数は総検出数の約8割を占める約267万個となり、18カ月連続でトップとなった。続いて、「W32/Mytob」約57万個、「W32/Bagle」約3万個、「W32/Mydoom」約3万個となった。

また、8月はWindowsのセキュリティホールを悪用する「W32/Zotob」や「W32/Bobax」などのワームが次々と発生した。これらのワームは、インターネットに接続しているだけで感染する可能性のあるもので、ボットとしての機能も持っており、感染すると他者への攻撃の踏み台として使われる危険性もある。

脆弱性が公開されてから、それを悪用するワームが出現するまでの期間が短くなっているため、なるべく早くセキュリティ更新プログラムを適用することが重要だとしている。また、週1回はパソコン内を検査して、感染の有無を確認するよう求めている。

不正アクセスの届出件数は41件で、そのうち被害のあった件数は12件だった。被害の内訳は、侵入8件、DoS攻撃2件、その他2件だった。相談件数は43件で、アダルトサイトを閲覧した後に「振り込め詐欺」のメールを送りつけられたという事例が、7月に引き続き多数あったという。

(Security NEXT - 2005/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件