Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秋田銀行、データ誤登録で457件の口座情報を流出

秋田銀行は、顧客の口座情報457件を、誤って別の取引先企業2社のデータに登録していたことが判明したと発表した。

同行によれば、8月9日に、取引先より「ファームバンキングデータの中に覚えのないデータが登録になっている」との連絡があった。ただちに調査したところ、取引先2社のファームバンキングにデータを登録する際に、誤って別の取引先のデータが一部登録されていたことが判明した。

誤登録されたのは口座情報457件で、銀行名、支店名、預金種目、口座番号、カタカナ受取人名など。同情報はすでに削除、および破棄されているという。誤登録の対象となった顧客に対しては、個別に書面を送付して経緯説明と謝罪をした。同行では、顧客情報の管理体制を強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ