Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メールの問い合わせが92%減少 - NTTドコモレポート

NTTドコモは、迷惑メール対策への取り組みと現状についてまとめたレポートを発表した。問い合わせ件数は、迷惑メール最盛期の2001年6月から約92%減少したという。

同社ではこれまで、迷惑メールを送信させない、受信させない、受け取らない機能を提供するという3つの基本方針に基づき、対策を行ってきたという。その結果、ユーザーからの問い合わせ件数は2005年6月時点で約1万1900件となり、過去最も多かった2001年6月の約14万4800件と比較すると、約92%の減少になった。

アドレス開拓のためパソコンから大量に送られる宛先不明メールは、iモードサーバの受信ブロックにより、最盛期では1日平均約8億通だったのが、2005年6月時点では約700万通に減少。また、ドコモの携帯電話から送信される迷惑メールの送達件数は、1日当たり0.02通でほぼ0に近い数字となっている。

契約約款に基づく利用停止などの措置は、2005年6月末時点で累計6674回線に及ぶ。また、実態調査アンケートでは、約70%のドコモユーザーが、迷惑メールは「過去3カ月全く届いていない」と答えたという。

(Security NEXT - 2005/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信、情報共有せず他課で再発 - 那覇市
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬