Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスター不具合の原因は人為的ミス

トレンドマイクロは、同社ウイルス対策ソフト「ウイルスバスター」で発生した不具合について詳細を発表した。人為的なチェックミスにより発生したものだという。

今回の不具合は、ウイルスバスターの検索エンジン7.5.0もしくは、7.5.1を搭載したコンピュータにウイルスパターン2.594.00をアップデートした場合に発生する。同ファイルを適用すると、コンピュータの動作が著しく遅くなり、コンピュータの通常の利用が不可能となる。

同ウイルスパターンファイルは、2005年4月23日7時33分から午前9時2分まで公開されていた。該当パターンのダウンロード数は現在のところ、約17万件程度。

同社の発表によれば、今回追加したファイル判定パターンは、数種のrbotの検出率を高めるために追加したものだったが、Ultra Protect圧縮ファイルを解凍、検索するためのパターンファイルの作成ミスがあり、検索対象ファイルが圧縮ファイルか否かの判定をするパターン中のプログラムにおいて、特定の条件下においてループが発生してしまったという。

本来予定されていたWindows XP SP2環境でのテストが人員的ミスにより行われなかったことにくわえ、検索エンジンを7.5.0以前のものを使用してテストを実施したため、圧縮チェック、解凍の動作を検査しないと言う二重の問題を発生したとしている。

同社では、問題個所を修正したパターンファイル2.596.00をトレンドマイクロホームページ上に公開。さらに24時間体制のサポート窓口の設置、FAXボックスの設置、メールによる連絡を通じて対応している。携帯電話向けウェブサイト「教えて!ウイルスバスター(http://tmqa.jp)」においても対策方法を公開している。

また、対策ツール「TMRMTool.exe」を提供している。同ツールにより、対象となるPC上にある、ウイルスパターンファイルを自動的に検索し削除できる。

トレンドマイクロ製品をご使用のお客様へウイルスパターンファイルに関する問題のご報告とお詫び
http://www.trendmicro.com/jp/about/news/pr/archive/2005/news050424.htm

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.com/jp/

(Security NEXT - 2005/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多