Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、2月のウイルス検知状況を発表

マカフィーは、2005年2月におけるコンピュータウイルスの検知状況を発表した。

同発表によれば、脆弱点をねらうトロイの木馬が、検知企業数および検知マシン数でトップ10のうち6種を占めており、前年に引き続き増加傾向にあるという。同社では、ウイルスの主流が従来の大量メール送信型からトロイの木馬型に移行しつつあるのではないかと分析している。

但し、短い期間に大量メール配信型であるMydoomの亜種が4種類も発生しており、大量メール配信型についてもしばらくの間は警戒が必要だとしている。同ウイルスはメール送信エラーを装う場合があるため、英語メールの添付ファイルをうかつにクリックしないよう注意を求めている。

(Security NEXT - 2005/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始