Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エージーテック、社内PCのログオン状況をリアルタイム監視するソフトを発売

エージーテックは、企業内ネットワークにおける、ユーザーのログオン状況を監視するソフトの最新版「UserLock v3.0」を発売した。価格は10ユーザー版のパッケージが9450円。50ユーザー版のパッケージが3万9900円。

同ソフトは、ドメイン内のログオン状況をリアルタイムで監視するもの。同一ユーザー名の同時接続数を制限できるほか、指定したユーザーのログオン状況をメールで通知する機能や、コンピューター名およびIPアドレスによる接続制限機能などを備えている。

今回のバージョンアップにより、セッション情報のレポートをリアルタイムに確認できるようになった。また、ターミナルサーバにおけるセッション管理のサポートや、複数ドメインの管理が可能になった。

(Security NEXT - 2004/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員が別人のIDカードで原発建屋内に - 東電柏崎刈羽原発
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
メルマガに他人の氏名、送信データの編集ミスで - 日和ホテルズ&リゾーツ
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
インフォサイエンスの複数ログ管理製品に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査