Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、7月のコンピュータウイルスの届出状況を発表

マカフィーは、2004年7月におけるコンピュータウイルスの届出状況を発表した。

同発表によれば、7月は、添付ファイルを通じて感染を拡げる大量メール送信型のウイルスが上位を占めていた前月から一変し、OSの脆弱点を攻撃するトロイの木馬型のウイルスが急増しているという。

ウイルス検知数のランキングによると、トップ10中、トロイの木馬が企業数別でトップ10中8種、マシン数別でトップ10で5種を占め、他のウイルスを大きく凌いでいる。

同社では、マイクロソフトの修正情報を漏らさず適用し、特に夏休みを迎える8月には、脆弱点攻撃型のウイルスを警戒するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下