Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、7月のコンピュータウイルスの届出状況を発表

マカフィーは、2004年7月におけるコンピュータウイルスの届出状況を発表した。

同発表によれば、7月は、添付ファイルを通じて感染を拡げる大量メール送信型のウイルスが上位を占めていた前月から一変し、OSの脆弱点を攻撃するトロイの木馬型のウイルスが急増しているという。

ウイルス検知数のランキングによると、トップ10中、トロイの木馬が企業数別でトップ10中8種、マシン数別でトップ10で5種を占め、他のウイルスを大きく凌いでいる。

同社では、マイクロソフトの修正情報を漏らさず適用し、特に夏休みを迎える8月には、脆弱点攻撃型のウイルスを警戒するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県