Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホスティング事業者向け格安ウイルス対策サービスが登場

日本エフ・セキュアは、共用ホスティング事業者向けの格安ウイルス対策サービス「ドメイン月額プラン」を発表した。ドメイン数分を月額料金でライセンスするもので、8月2日より販売を開始する。

同サービスは、500以上のドメインをホスティングする事業者に対し「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」を提供するもの。「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」では、インターネット経由の電子メールの送受信、Webブラウジングおよびファイル転送によるウィルス侵入をリアルタイムに検出、感染を防止できる。

同社では、BOX型ウイルス対策とことなり、サーバー単位ではなくドメイン単位の価格設定であるため、複数サーバーへの分散インストールによりスループットの低下などを防げるとしている。

(Security NEXT - 2004/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出