Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始

JPCERTコーディネーションセンターは、2021年1月28日にセキュリティアナリスト向けのカンファレンス「Japan Security Analyst Conference(JSAC)2021」を開催する。

同イベントは、国内セキュリティアナリストの能力向上を目指し、セキュリティインシデントの分析や対応に関する情報を共有するカンファレンス。2018年より開催しており、今回で4回目。

マルウェアの検知や解析、フォレンジック、インシデント調査、攻撃手法、脅威動向などをテーマとするカンファレンスで、2021年は初となる「2トラック制」を採用。さらに今回からワークショップについても開催する。

新型コロナウイルス感染症の動向なども踏まえ、開催形式は現在検討中。オンラインによる開催となる可能性もある。開催方法は、2020年12月上旬までにアナウンスする予定。

同センターでは、開催に先立ち、講演やワークショップの募集(Call for Presentation)を開始した。応募の締切は2020年10月5日。また募集後に発生したインシデント事情なども発表できるよう、2020年10月ごろより2次募集も実施する計画だという。

応募者は採択に関係なく「JSAC2021」の参加権が提供される。応募要項などの詳細は同イベントのサイトから。

(Security NEXT - 2020/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント