Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始

JPCERTコーディネーションセンターは、2022年1月27日、28日に開催を予定しているカンファレンスイベント「Japan Security Analyst Conference(JSAC)2022」の参加登録について受付を開始した。タイムテーブルも公表しており、一部講演の概要や登壇者の情報も参照できる。

同イベントは、国内のセキュリティアナリストやインシデントハンドラーなどの能力向上を目指し、高度化するサイバー攻撃に対抗するための情報を共有するカンファレンス。2018年より開催しており、今回で5回目を迎える。

2022年は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を考慮し、オンラインとオフラインを組み合わせたハイブリッドにて開催する。

対象者は、セキュリティインシデントの分析や対応にあたる実務者や研究者で参加費は無料。参加登録はメールで受け付けるが、フリーメールアドレスによる登録は不可となっている。

オフライン会場は、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで定員は200人。先着順で受け付け、定員となり次第締切となる。オンラインによる参加については人数制限はない。登録の締切は2022年1月19日。

イベントの詳細や参加登録は、同イベントのサイトから。

(Security NEXT - 2021/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
ダークネット宛てのパケット数が増加傾向 - クルウィットら調査
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円
資料のメール送信時に講座参加者のメアドが流出 - 滋賀県産業支援プラザ
住所移転の案内メールを誤って「CC」送信 - BOSCH関連会社