Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始

JPCERTコーディネーションセンターは、2022年1月27日、28日に開催を予定しているカンファレンスイベント「Japan Security Analyst Conference(JSAC)2022」の参加登録について受付を開始した。タイムテーブルも公表しており、一部講演の概要や登壇者の情報も参照できる。

同イベントは、国内のセキュリティアナリストやインシデントハンドラーなどの能力向上を目指し、高度化するサイバー攻撃に対抗するための情報を共有するカンファレンス。2018年より開催しており、今回で5回目を迎える。

2022年は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を考慮し、オンラインとオフラインを組み合わせたハイブリッドにて開催する。

対象者は、セキュリティインシデントの分析や対応にあたる実務者や研究者で参加費は無料。参加登録はメールで受け付けるが、フリーメールアドレスによる登録は不可となっている。

オフライン会場は、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで定員は200人。先着順で受け付け、定員となり次第締切となる。オンラインによる参加については人数制限はない。登録の締切は2022年1月19日。

イベントの詳細や参加登録は、同イベントのサイトから。

(Security NEXT - 2021/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀