Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研究者や実務者向けイベント「JSAC2024」が来年1月に開催 - 現地参加のみに

JPCERTコーディネーションセンターは、カンファレンスイベント「JSAC2024」を2024年1月25、26日に都内で開催する。イベントに先立って講演やワークショップの応募受付を開始した。

同イベントは、国内のSOCアナリスト、マルウェア分析者、フォレンジックアナリスト、インシデントレスポンダーなど、セキュリティ研究者や実務者の能力向上を目指し、開催しているもので、今回で7回目を迎える。

会場は御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで定員は400人。前回は、オンラインとオンサイトを組み合わせたハイブリッド開催だったが、今回は現地会場でのみ聴講でき、講演のオンライン配信は実施しない予定。講演者による許可が得られた講演については、従来同様、開催後にYouTube上で公開する。

イベントの開催に向けて、同センターでは講演やワークショップの応募を開始した。

「マルウェア関連」「フォレンジック関連」「インシデント調査、対応事例、攻撃手法」「脅威動向、インテリジェンス」などのテーマで募集している。日本語や英語による応募が可能。

また前年同様、発表未経験者枠やライトニングトーク枠も用意した。1次募集の締切は日本時間10月2日、2次募集の締切は12月1日となっている。詳細は同イベントのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2023/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市