Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集

JPCERTコーディネーションセンターは、2023年1月にカンファレンスイベント「JSAC2023」を開催すると発表した。講演やワークショップの希望者を募集している。未経験者向け発表枠やライトニングトーク枠も用意するという。

同カンファレンスは、国内のSOCアナリスト、マルウェア分析者、フォレンジックアナリスト、インシデントレスポンダーなど、セキュリティ研究者や実務者の能力向上を目指したイベント。今回で6回目を迎え、2023年は1月25、26日に開催を予定している。

イベントの開催に向けて、同センターでは講演やワークショップの応募を開始した。「マルウェア関連」「フォレンジック関連」「インシデント調査、対応事例、攻撃手法」「脅威動向、インテリジェンス」などのテーマで募集している。日本語のほか、英語による応募も可能で同時通訳も手配するという。

イベント発表をしたことがない未経験者も歓迎するとし、未経験者向けの発表枠を新設。講演が採択とならなかった場合も、なるべく多くの人へ発表の場を提供すべく、ライトニングトーク枠も用意する。また応募者には、当落に関係なく同イベントの参加権を提供する。

応募締切は10月3日。応募要項など詳細は同イベントのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2022/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
若年層向けセキュリティ啓発コンクールの受賞作品を公開 - IPA
「セキュリティプレゼンターカンファレンス」をハイブリッド開催 - IPA
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
まもなく「SECCON CTF 2022」のオンライン予選 - 賞金総額100万円
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート