Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、同センターのセキュリティ対策活動に協力したセキュリティ専門家やPSIRT組織に感謝状を贈呈した。

同センターでは、2014年4月にJPCERT/CC感謝状制度を創設。同年以降、セキュリティインシデントの被害低減に貢献した人物や組織に対し、感謝状を送っている。8回目となる2021年度は、同センターが主催する「Japan Security Analyst Conference(JSAC)」に対し、立ち上げ当初より協力しているプログラム選考委員のセキュリティ専門家8人を選出した。

NTTデータの新井悠氏、ラックの石川芳浩氏、カスペルスキーの石丸傑氏、伊藤忠商事の佐藤元彦氏、インターネットイニシアティブの鈴木博志氏、セキュアワークスの中津留勇氏、VMwareの春山敬宏氏、楽天グループの山崎輝氏に感謝状を贈った。

また同センターの脆弱性情報流通活動に協力し、国内外から報告される多数の脆弱性情報にも対処したり、他事業者も参考となるPSIRTを展開してきた三菱電機PSIRTに感謝状を贈呈した。

(Security NEXT - 2021/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
さまざまな口実でで不安煽る「メルカリ」や「メルペイ」装うフィッシング
「さくらインターネット」を装うフィッシング - 「虚偽登録」「契約解除」など複数文面で出回る
システム管理者狙う「お名前.com」のフィッシング - 「ドメインを利用制限」と不安煽る
VPN製品「SonicWall SMA100シリーズ」に深刻な脆弱性 - 早急に更新を
サーバ向けマルウェア対策製品「ServerProtect」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
脆弱性を修正した「Ghostscript」のアップデートが公開
Windows向け「スマートホームスキャナー」に脆弱性 - アップデートが公開
「au PAY」装うフィッシングが増加 - フィ対協が注意喚起