Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、同センターのセキュリティ対策活動に協力したセキュリティ専門家やPSIRT組織に感謝状を贈呈した。

同センターでは、2014年4月にJPCERT/CC感謝状制度を創設。同年以降、セキュリティインシデントの被害低減に貢献した人物や組織に対し、感謝状を贈っている。8回目となる2021年度は、同センターが主催する「Japan Security Analyst Conference(JSAC)」に対し、立ち上げ当初より協力しているプログラム選考委員のセキュリティ専門家8人を選出した。

NTTデータの新井悠氏、ラックの石川芳浩氏、カスペルスキーの石丸傑氏、伊藤忠商事の佐藤元彦氏、インターネットイニシアティブの鈴木博志氏、セキュアワークスの中津留勇氏、VMwareの春山敬宏氏、楽天グループの山崎輝氏に感謝状を贈った。

また同センターの脆弱性情報流通活動に協力し、国内外から報告される多数の脆弱性情報にも対処したり、他事業者も参考となるPSIRTを展開してきた三菱電機PSIRTに感謝状を贈呈した。

(Security NEXT - 2021/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
「JR西日本」装うフィッシングの報告が増加 - JR東日本「えきねっと」告知文を悪用
「一太郎Pro」「ATOK」など法人向けジャストシステム製品の同梱プログラムに脆弱性
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
「PayPay銀行」を装うフィッシング - 「個人情報の有効期限切れ」などとだます手口
「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加