Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート

JPCERTコーディネーションセンターは、セキュリティアナリストを対象としたカンファレンスイベント「JSAC2022」を2022年1月27日、28日に開催する。開催に向けて講演やワークショップの募集を開始した。

同イベントは、国内のセキュリティアナリストが能力向上を目指して集まり、インシデント対応やマルウェアなど、高度化するサイバー攻撃に対抗するための情報を共有するカンファレンス。2018年より開催しており、今回で5回目を迎える。

対象者は、マルウェア分析者、フォレンジックアナリスト、SOCアナリスト、ネットワークセキュリティアナリスト、インシデント対応者、インテリジェンスアナリスト、セキュリティ研究者。今回は講演とワークショップの2トラック構成でオンラインとオフラインのハイブリッド開催を計画している。最終的な開催方法は2021年10月上旬までにアナウンスする予定。

開催に向けて同センターでは、講演やワークショップの応募を開始した。募集テーマは「マルウェア関連」「フォレンジック関連」「インシデント調査、対応事例、攻撃手法」「脅威動向、インテリジェンス」。

応募の締切は10月4日。応募者には、採択に関係なく同イベントへ参加する権利を提供するほか、海外居住者の採択者には、1グループにつき1人まで飛行機のチケットを提供する。また最新インシデントにも対応できるよう、採択数は少ないが、10月より2次募集も実施する予定。募集要項など詳細は、同イベントのページから。

(Security NEXT - 2021/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント