Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査

ITRは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が、企業のIT戦略に及ぼした影響について調査を行い、結果を取りまとめた。

20200512_it_001.jpg
新型コロナウイルス感染症拡大による活動自粛が与えるIT戦略への影響(グラフ:ITR)

同調査は、4月24日から同月27日にかけて、国内企業でIT戦略の策定やIT実務に関わる担当者を対象に実施したもの。1370件の回答があった。

調査では、新型コロナウイルスの感染拡大が、自組織のIT戦略にどのような影響をもたらすか聞いた。

政府の緊急事態宣言発令にともなう経済活動の自粛によって、デジタル化の推進が「大いに加速すると思う」が27%、「やや加速すると思う」が44%となり、あわせて71%が加速要因になると回答した。一方で「やや減速すると思う(5%)」「大いに減速すると思う(2%)」との意見も見られた。

(Security NEXT - 2020/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
緊急事態宣言解除後のセキュリティチェックリスト - JNSA
コロナ対策やアフターコロナがテーマのネットシンポジウム - NICT
セキュキャン全国大会、オンライン開催に - 新型コロナ影響で
OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
狙われる「新型コロナ研究情報」、英米政府が注意喚起 - 脆弱なVPNやパスワードが標的に
新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に
新コロ拡大防止協力金の申請者情報が閲覧できる不具合 - 新潟県
NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供