Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティアップデート「WordPress 5.4.1」がリリース

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発チームは、複数の脆弱性へ対処した「同5.4.1」をリリースした。「同3.7」以降の各ブランチに対してもアップデートの提供が開始されている。

今回の更新は、セキュリティに関する7件の問題やバグ17件を修正したセキュリティおよびメンテナンスアップデート。

複数のクロスサイトスクリプティング(XSS)へ対処したほか、パスワードリセットトークンにおける不具合、認証なしに投稿が閲覧できる問題について解消した。

自動更新をサポートしている場合は、すでに配信が開始されているほか、またダッシュボードよりアップデートが行える。

また脆弱性の判明を受けて開発チームでは、「同3.7」以降の各ブランチに対してもアップデートをリリースした。

具体的には、「同5.3.3」「同5.2.6」「同5.1.5」「同5.0.9」「同4.9.14」「同4.8.13」「同4.7.17」「同4.6.18」「同4.5.21」「同4.4.22」「同4.3.23」「同4.2.27」「同4.1.30」「同4.0.30」「同3.9.31」「同3.8.33」「同3.7.33」が利用できる。

(Security NEXT - 2020/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「Elementor Pro」に深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃で発覚
「WordPress」向けメディア管理プラグインに脆弱性
WP向けプラグイン「Contact Form 7 Datepicker」に脆弱性 - 更新予定なく削除を
認証プラットフォームの「WordPress」向けプラグインに5件の脆弱性
「WordPress」用決済プラグインに支払バイパスのおそれ
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
WordPressサイトの管理プラグインなどに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処した「WordPress 5.3.1」がリリース