Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県

神奈川県は、県立高校において生徒の指導要録や健康診断票を誤って廃棄したことを明らかにした。

同県によれば、県立高校で中学校から送付された2019年度入学生の指導要録抄本と健康診断票を誤ってシュレッダーで裁断処理したもの。3月30日に同校から同県教委に報告があった。

指導要録抄本には、生徒397人分の氏名、住所、性別、生年月日、各教科の学習記録などを記載。健康診断票には、氏名や性別、生年月日のほか、身長、体重、視力、聴力、歯科の記録などが含まれる。

同校では、こうした書類を職員室の施錠できるロッカーで本来保管しているが、ロッカーへ移動する前の2月4日、職員が応接室で書類が入った封筒の束を一時的に保管したところ、そのまま失念。

その後、応接室の片付けが行われたが、その際に中身を確認することなく、他廃棄書類とともに文書保管倉庫へ移動して保管し、3月18日に業者が校内でシュレッダーにより処理したという。

同校では対象となる生徒や保護者に対し、電話で事情を説明するとともに謝罪。書面でも謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府