Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用

「iOS」や「macOS」などと連携する「iCloudカレンダー」の正規機能を悪用し、悪意あるサイトへ誘導する攻撃が発生している。身に覚えのない通知やイベント表示に警戒が必要だ。

情報処理推進機構(IPA)によれば、「iPhone」の利用者から、カレンダーにより身に覚えのない通知が行われたり、イベントが追加されたといった相談が1月以降、複数寄せられているという。

「ウイルスに感染している可能性があります」「あなたのiPhoneは保護されていません」など、不安を煽るメッセージを含んだイベントをカレンダーへ追加するとともに、URLを記載。

カレンダーによる通知やカレンダーのアプリから個人情報の入力を促すフィッシングサイトや、アプリをインストールさせるサイトに誘導していた。

20200331_ip_001.jpg
攻撃のイメージ。イベントが勝手に追加され、身に覚えのない通知が表示される(画像:IPA)

(Security NEXT - 2020/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS 13.5」などリリース - 修正脆弱性は今後発表
トレンドマイクロ製パスワード管理ソフトに脆弱性
ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
ASUSの更新機能が侵害、マルウェア拡散 - MACアドレスで標的絞りさらなる攻撃
Apple、「iOS 13.4」「iPadOS 13.4」をリリース
2月29日にApple Pay登録で不具合 - JCBカード
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性