Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用

同機構は、「iCloud」のカレンダーが正規機能として備える共有機能や出席依頼機能が悪用されていると指摘。

攻撃者が、ターゲットとなるiCloudのメールアドレスを何らかの手段で把握し、共有先として設定することでカレンダーのイベントを登録していると分析している。

同機構では、身に覚えのない共有カレンダーのイベントへ参加依頼が届いた場合は、削除してスパムとして報告するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
「Cisco IOS XR」にサービス拒否の脆弱性 - ゼロデイ攻撃も
「ニトリアプリ」に脆弱性、アプリ経由で外部URLへ誘導されるおそれ
5カ月ぶりに「Emotet」が活動再開 - 感染拡大に警戒を
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正