Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設

山梨県の複合文化施設である文化のるつぼへちまは、メールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メールを送信するための踏み台に悪用されたことを明らかにした。

同施設によれば、メールアカウントが不正利用され、同施設のメールアドレスを利用した大量の迷惑メールが送信されたことが2月7日に判明した。

発覚後、メールアカウントのパスワードを変更。迷惑メールの送信は止まったという。今回の不正アクセスによる顧客情報の流出などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2020/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大
都議会議員メルアカが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に
メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - JEMIC
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大
福岡市の関連サイトに不正アクセス - 迷惑メール送信の踏み台に
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
元教員メルアカがフィッシングの踏み台に - 札幌医科大
消防団のメールが乗っ取り被害、スパムを送信 - 高岡市
メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - 新潟県立大
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ