Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大

情報セキュリティ大学院大学は、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者を発表した。神戸大学大学院教授の森井昌克氏をはじめ6名が選出された。

同賞は、自治体や企業など組織のなかで中核となりうる情報セキュリティ人材の育成を目的として、同大が2005年に制定。今回で16回目を迎えた。

情報セキュリティに関して経営的な視点から先導的役割を果たした個人、または情報セキュリティに関わる学術や法制度の研究、啓発、人材育成などの面で貢献した有識者を対象としている。第16回目となる今回は、自薦、他薦による公募や審査員からの推薦に基づき、2月3日に受賞者6名を決定した。

今回受賞した神戸大学大学院工学研究科教授の森井昌克氏は、大学において研究、教育に従事するとともに、無線LANの暗号規格である「WEP」の解読法を発見。「WPA-TKIP」における脆弱性の特定などの学術的成果が評価された。

(Security NEXT - 2020/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
「JNSA賞」の受賞者を発表 - 特別賞に「nao_sec」
若年層向け啓発コンクールの受賞作品決定 - 応募総数6万点超
「サイバーセキュリティ総務大臣奨励賞」の候補者募集を開始
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
「辻井重男セキュリティ論文賞」を発表 - 大賞など7件を選定
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞