Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能

東陽テクニカは、米KnowBe4製のセキュリティトレーニングサービスに、組織や従業員のセキュリティ意識をスコア化するアセスメント機能を追加した。

「KnowBe4」は、疑似的なフィッシング攻撃など実施して組織や従業員のセキュリティレベルを診断し、オンライン教育プログラムを提供するトレーニングサービス。今回あらたにアセスメント機能を追加した。

同機能では、組織のセキュリティに影響を与える考え方、習慣、社会的行動など7つのカテゴリーから組織のセキュリティカルチャーを評価。セキュリティ教育のカリキュラム立案にあたり結果を活用できるという。

(Security NEXT - 2020/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
SIA、ネット安全利用の啓発に関する講習会
世代や立場で求められるインシデント対応の知識レベルは? - ラックが指南書
仮想環境向け製品を公共機関に割引価格で提供 - パロアルト
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供