Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

厚労省、医療機関のセキュリティ研修を展開 - ポータルサイトが始動

厚生労働省は、医療機関向けのサイバーセキュリティ対策研修を12月20日より開始する。同事業に先立ち、ポータルサイトをオープンした。

医療分野における情報セキュリティ研修や、サイバーセキュリティインシデント発生時の初動対応支援調査事業を展開するもので、同省より業務を受託したソフトウェア協会(SAJ)が事業を展開する。

同事業では、医療機関のサイバーセキュリティ対策を強化するため、セキュリティ対策の研修を提供。経営者をはじめ、システムおよびセキュリティ管理者、初学者や医療従事者など、対象者ごとにそれぞれの立場に求められる知識を学ぶ。

同事業の開始にともない、医療機関向けのセキュリティ教育支援ポータルサイトを開設。12月中旬より同サイトにて受講申し込みの受付を順次開始する。

またセキュリティインシデント発生時の初動対応を依頼する窓口を設置するほか、セキュリティ教育に活用できるコンテンツなども配信していく。

(Security NEXT - 2022/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性