Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会

日本DPO協会は、グローバルの法規制などを踏まえたプライバシー保護の知識を持つ実務家の育成を目指し、2022年10月から資格試験制度を開始する。

生活や行動などプライバシーに関わるデータがグローバルに流通し、国内はもちろん、海外のデータ保護規制の対象となることから、データ保護の実務家に対する需要が増す一方、対応できる人材が少ない状況にあるとして、あらたな資格認定制度を創設。教育プログラムを提供するもの。

具体的には、「データ保護実務者(プライバシーホワイト)」「データ保護スペシャリスト(プライバシーゴールド)」「データ保護オフィサー(プライバシーブラック)」の3資格を用意している。

「プライバシーホワイト」は、民間や公的機関における実務者向けの資格と位置づけており、規制の全体像や歴史、用語を理解した上で、日本の個人情報保護法、マイナンバー法、プライバシーマーク、EUの一般データ保護規則などを包括的に学習する。

「プライバシーゴールド」では、さらに米国や中国の法規制、AI、プライバシープログラムなども含め、専門分野における実務対応が行える人材を育成。さらに「プライバシーブラック」は、「DPO(Data Protection Officer)」や「CPO(Chief Privacy Officer)」として求められる能力を有することを認定する。

また同協会では、資格試験制度の開始にともない、教育プログラムを提供する認定教育事業者を募集。集中教育プログラムなども展開したいとしている。

(Security NEXT - 2022/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
EC事業者の6割弱がサイバー攻撃の被害経験 - 半数で情報漏洩
個情委、破産者情報の違法公開サイトを告発
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
自治体におけるマイナンバー取扱状況を公表 - 個情委
Pマーク事業者の事故報告は3048件 - 前年度比約15%増
JIPDEC、ECサイト関連事業者にセキュ対策徹底を呼びかけ - 啓発セミナーも開催
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施