Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND

三菱電機インフォメーションネットワークは、「CSIRT運用支援サービス」および「フォレンジック調査サービス」を提供開始した。

「CSIRT運用支援サービス」では、サイバー攻撃の動向把握や脆弱性の情報収集、従業員のセキュリティ教育など、CSIRTにおける日常業務や、インシデント対応などを支援。オプションサービスとして端末を解析し、サイバー攻撃の有無や影響範囲を報告する「フォレンジック調査サービス」を提供する。

同社では、2006年にセキュリティオペレーションセンターを立ち上げ、顧客における脆弱性の特定、攻撃の検知、防御などを支援してきたが、新サービスの展開にあたり、「MINDサイバーフュージョンセンター」を設置。サービス範囲を復旧や対応などにも拡大した。11月末にも設備の増強を予定しているという。

「CSIRT運用支援サービス」は、月額10万円から。今後もサービスを拡充していく予定。

(Security NEXT - 2022/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性