Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校へセキュリティ学ぶ教材を無償提供 - 「ホワイトハッカー」紹介

日立ソリューションズは、1000校の小学校を対象に情報の安全な活用を学んだり、職業としてのホワイトハッカーを紹介する教材「わたしたちのくらしと情報」を無償で提供した。

小学校においてプログラミング教育が必修化されるなど、情報を活用する上でのマナーやリスクなど学ぶ重要性が増しており、同社で作成した教材を無償で提供したもの。同教材は、文部科学省より2020年8月に学校用教材として選定されている。

同教材では、児童にとっても身近な社会における情報活用事例を紹介。情報化社会のセキュリティリスクや対応策、情報を守る職業として「ホワイトハッカー」を紹介している。

(Security NEXT - 2021/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
教委認定講習の論文が所在不明に、郵送過程で - 大阪府
解約元帳やローン借入申込書など誤廃棄の可能性 - コザ信金
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
CSIRT人材の育成方法をまとめた資料を公開 - 日本シーサート協議会
個人情報含む書類が庁内便で所在不明に - 台東区
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン