Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校へセキュリティ学ぶ教材を無償提供 - 「ホワイトハッカー」紹介

日立ソリューションズは、1000校の小学校を対象に情報の安全な活用を学んだり、職業としてのホワイトハッカーを紹介する教材「わたしたちのくらしと情報」を無償で提供した。

小学校においてプログラミング教育が必修化されるなど、情報を活用する上でのマナーやリスクなど学ぶ重要性が増しており、同社で作成した教材を無償で提供したもの。同教材は、文部科学省より2020年8月に学校用教材として選定されている。

同教材では、児童にとっても身近な社会における情報活用事例を紹介。情報化社会のセキュリティリスクや対応策、情報を守る職業として「ホワイトハッカー」を紹介している。

(Security NEXT - 2021/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
産官学が連携、セキュリティ人材の育成を推進
市内小中12校が利用する校務ネットワークがランサム被害 - 南房総市
県立高校で個人情報含むタブレットが所在不明に - 愛知県
SCSKに対するプライバシーマーク付与が1カ月間停止に
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘