Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校へセキュリティ学ぶ教材を無償提供 - 「ホワイトハッカー」紹介

日立ソリューションズは、1000校の小学校を対象に情報の安全な活用を学んだり、職業としてのホワイトハッカーを紹介する教材「わたしたちのくらしと情報」を無償で提供した。

小学校においてプログラミング教育が必修化されるなど、情報を活用する上でのマナーやリスクなど学ぶ重要性が増しており、同社で作成した教材を無償で提供したもの。同教材は、文部科学省より2020年8月に学校用教材として選定されている。

同教材では、児童にとっても身近な社会における情報活用事例を紹介。情報化社会のセキュリティリスクや対応策、情報を守る職業として「ホワイトハッカー」を紹介している。

(Security NEXT - 2021/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと
委託先が名簿を不正にクラウド共有、メール誤送信で発覚 - 厚労省
教師養成講座受講予定者のメールアドレスが流出 - 大阪市
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
県立高校で生徒の個人情報を誤送信 - 佐賀
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
封入ミスで別人の就学支援金通知書を送付 - 神奈川県
学校見学会中止の通知メールを誤送信 - 都立高校
国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工