Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校へセキュリティ学ぶ教材を無償提供 - 「ホワイトハッカー」紹介

日立ソリューションズは、1000校の小学校を対象に情報の安全な活用を学んだり、職業としてのホワイトハッカーを紹介する教材「わたしたちのくらしと情報」を無償で提供した。

小学校においてプログラミング教育が必修化されるなど、情報を活用する上でのマナーやリスクなど学ぶ重要性が増しており、同社で作成した教材を無償で提供したもの。同教材は、文部科学省より2020年8月に学校用教材として選定されている。

同教材では、児童にとっても身近な社会における情報活用事例を紹介。情報化社会のセキュリティリスクや対応策、情報を守る職業として「ホワイトハッカー」を紹介している。

(Security NEXT - 2021/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委
県立高で2度にわたりメールの誤送信が発生 - 佐賀県
2023年は1割の企業でランサムウェア攻撃を観測
誤送信で新規採用教員のメールアドレスが流出 - 福岡市
受験志望者の保護者宛メールで誤送信 - 名古屋大付属中高
児童相談に関するICレコーダー紛失、1年以上未報告 - 紋別市
生徒の個人情報含む教育簿を一時紛失 - 金沢大付属中
IR情報の配信委託先から投資家や顧客のメアドが流出 - 丹青社
検診サービスのストレスチェックで診断結果を別人に