Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校へセキュリティ学ぶ教材を無償提供 - 「ホワイトハッカー」紹介

日立ソリューションズは、1000校の小学校を対象に情報の安全な活用を学んだり、職業としてのホワイトハッカーを紹介する教材「わたしたちのくらしと情報」を無償で提供した。

小学校においてプログラミング教育が必修化されるなど、情報を活用する上でのマナーやリスクなど学ぶ重要性が増しており、同社で作成した教材を無償で提供したもの。同教材は、文部科学省より2020年8月に学校用教材として選定されている。

同教材では、児童にとっても身近な社会における情報活用事例を紹介。情報化社会のセキュリティリスクや対応策、情報を守る職業として「ホワイトハッカー」を紹介している。

(Security NEXT - 2021/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で博物館担当者のメアド流出 - 東京都教育委員会
神戸物産にサイバー攻撃、詳細を調査 - システムは2日後に復旧
GSXがマザーズ上場 - 公募価格大きく上回る高値つけるも後場ストップ安に
ランサム被害のスポーツクラブNAS、検証から情報流出なしと判断
個人情報含む動画をYouTubeにアップロード、操作誤り公開 - 埼玉県
東京スポーツ文化館のサイトに不正アクセス - 情報流出の影響を調査
SNSの利用ルール啓発で、パスワード提出求める不手際 - 練馬区中学校
複数職員が個人メアドに資料送付、スペルミスで第三者へ - 新潟県
CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小