Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声

Avastでは、セキュリティ機能を提供するうえで情報収集を行うことをプライバシーポリシーに明記。そこには匿名化を実施しているとあるが、同氏は匿名化しているとの説明に同意できないと述べた。

多くのソリューションではサイトの危険性を判断する場合、ローカル環境の分析を活用。情報収集については過去に業界で議論がなされ、外部データベースへ問い合わせる場合もホスト名やそのハッシュ値を用いることで十分とされていると指摘した。リスクが判明し、必要性が生じた場合に完全なアドレスを分析すればよく、多くの行動履歴を取得することに疑問を呈した。

Avastは、傘下にマーケティング会社「Jumpshot」を抱えており、製品利用者がブラウザを通じて毎月アクセスする数億規模のURLをスキャン、収集し、集計データを同社に提供していることは周知の事実となっている。同サービスを通じて「カリフォルニアの人間はAmazonの自撮り棒に夢中である」ことなども分析できるなどと同社は述べてきた。

「Jumpshot」にデータを提供する際、独自のアルゴリズムを用いて個人を特定できる情報は提供時に削除していると説明。「ユーザーの識別に使用できるデータを共有したことはない」と同社は説明している。

(Security NEXT - 2019/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス