Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公共工事入札資格審査の申請書を紛失 - 岡山県

岡山県は、公共工事の入札参加資格審査に関する申請書が所在不明になっていることを明らかにした。

同県によれば、経営事項審査および県工事入札参加資格審査に関する申請書24業者分の所在がわからなくなっているもの。申請書には、技術者の氏名や生年月日などの個人情報や企業情報が記載されていた。

10月31日に備中県民局で申請書を受け付けた後、11月28日に業者から結果通知が届いていないと問い合わせがあり、確認したところ紛失が判明した。

同県では申請者に対して事情を説明して謝罪。審査は終了していることから、申請書の副本のコピーを申請者より受領して、必要な処理を行ったとしている。

(Security NEXT - 2019/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性
メール送信ミス、競争入札申請業者のメアドが流出 - 水資源機構
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
ウェブサイトへ個人情報を誤掲載 - 下関市
メール誤送信で電子入札のICカード更新完了者のアドレス流出 - 岡山県
委託先が入札情報とともに居住者の個人情報を漏洩 - 神奈川県住宅供給公社
県が購入予定の土地所有者の個人情報をネット上に誤掲載 - 奈良県