Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起

オンラインバンキングの不正送金被害が多発しているとして、金融庁が注意喚起を行った。

8月、9月と件数ベース、金額ベースのいずれも不正送金の被害が急増。警察庁では9月に436件、4億2600万円の被害を確認している

こうした状況を受け、金融機関を所管する金融庁においても注意喚起を行ったもので、手口としては、フィッシングやマルウェアが使われたものと見ている。

フィッシングでは、金融機関を装って偽ログインサイトへ誘導。オンラインバンキングのIDやパスワード、二要素認証におけるワンタイムパスワードなどを詐取していた。

またパソコンをマルウェアに感染させ、IDとパスワードを窃取して、不正送金を行う手口も広がっていると見て警戒を強めている。

(Security NEXT - 2019/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
2019年2Qの不正送金被害が半減 - ただし法人では増加
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
2019年1Qは不正送金被害が急増 - 被害額が約7倍に
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増