Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2023年4Qの不正送金、減少するも高水準 - 平均被害額は大幅増

2023年第4四半期はオンラインバンキングにおいて約23億2200万円の不正送金が発生した。前四半期から縮小しているものの、引き続き高い水準で推移している。

全国銀行協会が、会員191行を対象に2023年10月から12月にかけて発生した不正送金被害の状況を調査し、結果を取りまとめたもの。預金者本人以外が不正に送金し、振込先から金銭が引き出されて返還できなかったケースを集計している。

被害件数は、個人と法人あわせて918件。前四半期の1479件から37.9%減となった。

被害額についても前四半期の約26億500万円から約23億2200万円へと改善が見られたが、縮小幅は10.9%減にとどまり、1件あたりの被害額は約176万円から約253万円へと大きく上昇している。

被害の内訳を見ると、個人における被害が914件、被害額が約22億6300万円と大半を占めている。前四半期の1464件、約25億7900万円から件数ベース、被害額ベースのいずれも減少した。1件あたりの平均被害額は約248万円。前四半期の約176万円から40.1%増加している。

20240403_zg_001.jpg
オンラインバンキングにおける不正送金の推移(グラフ:全銀協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2024/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向け操作ログ記録プラグインにSQLi脆弱性 - パッチ未提供
グリコでシステム障害、冷蔵食品を出荷停止 - 再開は5月中旬予定
能登半島地震被災地域の登録セキスペ、登録更新申請期限迫る
2024年1Qの脆弱性届け出は243件 - 前四半期比約2割減
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
教員や学生宛てのメールで個人情報含むファイルを誤添付 - 山口大
「Node.js」向けMySQLクライアントにRCE脆弱性
子会社元従業員、ネットバンク経由で3.5億円を横領 - ホッカンHD
クラウド保存した進路アンケートが生徒からも閲覧可能に - 都立中等学校
「PuTTY」に脆弱性、「WinSCP」「FileZilla」なども影響 - 対象の旧鍵ペアは無効化を